工業
振興部門

ものづくり支援事業

市内製造事業者を対象に、研究開発、技術高度化、デジタル技術導入、受発注、人材育成等の支援を行っています。企業間連携なども促進し、企業の成長やイノベーション創出を促すプログラムを実施しています。

事業目的

新型コロナウイルス感染症の拡大を踏まえ、不況時に耐え得る経営基盤の強化・安定化を図ることを目的に、塩尻市、塩尻商工会議所及び他産業支援機関等と連携しつつ、企業の研究開発、技術高度化、デジタル技術導入、受発注、人材育成等の支援を行うとともに、コミュニティ形成を図ることにより企業間連携を促進し、イノベーションの創出に向けた支援を行う。

実施内容

1地域企業経営革新プロジェクト

  • 将来を見据えた新たな事業分野への進出のための一歩を踏み出すことを目的に、「新事業分野進出研究会」を継続実施し、各業界の動向や専門知識の習得、また実際に新分野進出を果たした企業からその経験談等を聞く機会を設けることで、市内企業の新分野進出を後押しする。
  • 企業の生産性向上等を目的とした、ロボット、IoT、AI等のDX化の支援を実施するため、専門家とともに「ロボット導入診断」や「DX化診断」を行い、導入に向けたアドバイス等を行う。
  • 各分野に精通する専門家が課題を抱える企業に伴走することにより、課題解決へと導く「経営革新コーディネート事業」を実施する。

2地域産業創造事業

  • 新たに企業支援コーディネーターを配置して企業巡回訪問を強化し、市内企業の現況や課題を適切に把握したうえで、有益情報の提供、市内外企業とのマッチング、産学官連携等の個別具体的な支援を実施する。
  • 支援にあたっては、技術顧問のほか、公益財団法人長野県産業振興機構等と連携し、受発注情報等も含め、市内企業への情報提供を実施する。
  • 信州大学や国立長野工業高等専門学校等と連携し、社会人向け・学生向けの各種ICT人材育成事業を実施する。

3塩尻市商工業振興対策事業補助金等に係る事務事業

  • 塩尻市から受託し、商工業振興対策事業補助金(研究開発支援事業、試験場利用促進事業)等に係る事務事業を行う。