公社概要

(財)塩尻市振興公社とは

塩尻市における都市環境の整備改善、都市機能の向上及び地域産業の振興に関する諸事業を行い、塩尻市の持続的発展と心豊かに暮らせるまちづくりに寄与することを目的として、塩尻市の100%出資により平成21年6月に設立された一般財団法人です。

基本方針

塩尻市振興公社は、これまで市街地開発など住環境の改善、またSIPを核とした企業支援やOSS推進等による工業振興やワークライフバランスに配慮したテレワーク(在宅就業)推進など、雇用・就労環境の改善に資する事業を推進してきました。
また、塩尻市は市域の約7割を占める森林の活用と保全を目指し、森林再生を基軸とした「信州F・POWERプロジェクト」の展開により、林業や木工業、木質バイオマスを利用した施設園芸など、新たな産業を興すチャンスを迎えており、塩尻市振興公社もその一翼を担うべく事業展開しています。 

一方で、急速な少子高齢化の進行による逆ピラミッド型の人口構造は、塩尻市の持続的発展を基盤から揺るがす極めて重要な問題であり、少子化対策は喫緊に取り組まなければならない課題です。

これらを踏まえ、塩尻市振興公社が今日までの活動で蓄積してきたテレワークシステムや情報システムツール、また中心市街地の賑わい創出や企業支援等を通じた市内企業とのコミュニティ機能や人材など、有形無形の資産を活かし、地域全体で出産・子育ての応援をする新たな取り組みにチャレンジします。 

「住む」「働く」「育てる」環境を、多角的視点から総合的に整備することで、各家庭が理想とする数の子どもを産み育て、子どもたちが群れ遊ぶ魅力ある街の創出と、持続的に地域の社会経済が発展し続ける塩尻市を目指します。

事業計画
  1. まちづくり関連事業
    都市間競争に勝ち抜く魅力と活力のある都市づくりに寄与するため、豊富な自然環境、交通の利便性、自然災害の影響が少ないなど、地域特性として塩尻市が有する“居住地としての強み”を最大限に活用し、併せて住環境、就労環境、子育て環境等の一体的整備推進を図ることにより、将来の地域活力を担う若者世代が住みたくなる、「子育てしたくなるまち」を創出します。
  2. 工業振興関連事業
    塩尻インキュベーションプラザ(SIP)を拠点に、塩尻市工業振興プランを基軸として、地域工業のポテンシャルと今後の展開方向を踏まえ、かつ、社会・経済の長期的な予測・変化の方向を捉え、適時適切な支援を行うことにより、イノベーションの創出を図り、企業の活性化と新たな企業集積による雇用の拡大を目指します。

ページのトップへ戻る↑

概要

会社名 一般財団法人 塩尻市振興公社
設立 平成21年6月29日
出資者 塩尻市
理事長 髙木 仁樹
所在地 ■総務まちづくり部門
〒399-0736 長野県塩尻市大門一番町12-2 えんぱーく506
Tel: 0263-51-0802 / Fax: 0263-51-0820
E-mail:

■工業振興部門
〒399-0737 長野県塩尻市大門八番町1-2 塩尻インキュベーションプラザ事務室
Tel: 0263-51-1920 / Fax: 0263-51-1921
E-mail: sip-info@shiojiri.com

ページのトップへ戻る↑

アクセス

 

ページのトップへ戻る↑